カラコンでハーフ顔になるための注意点って一体?

みなさんは、ハーフ顔に憧れてカラコンを使用した事はないかな?
カラコンは、自分の元の目の色を気軽に変えてイメチェンする事が出来る優れ物だけど、
ハ ーフ顔になる為に選んだカラコンが、結果不自然に見えるだけになってしまう事もあるよね。
じゃあ、どのような点に気をつけてカラコンを選べば良いのか注意点を話したいと思うよ。

ハーフ顔になるための2つのポイント


【1.ブルーやグレーの色は選ばない】
ハーフ顔になりたいが為にブルーやグレーのカラコンを選ぶ人が居るけど、日本人の顔にとっ
てブルーやグレーの色はとても不自然に見えてしまって、ハーフ顔どころか不自然な見た目に
なってしまう可能性がある。
ブルーやグレーの目の色は、外国人特有の目の色素から出てくる色なので、黒か茶色い目
の筈の日本人がつけると、どうしても不自然で作り物っぽくなってしまうんだ。
ハーフ顔に近づける為には決してブルーやグレーの色は選ばない様にしよう。

【2.淵なしのナチュラルなブラウンを選ぶ】
日本人が最もハーフ顔に近付けるカラコンの色はブラウンだと思うんだよね。
純粋の日本人の中にも、色素が薄めの人はブラウンの目をしている事が多く、あまり不自然で
はないんだ。。
実際にハーフの人の目は黒でもブルーでもグレーでもなく、色素の薄いブラウンである場合が
多いので、現実的にハーフっぽく見せるには、ブラウンがオススメ!
中でも、淵なしのブラウンはより自然に見えると思う。
目を大きく見せる為に淵ありのバージョンも多く発売されてるんだけど、淵があるとどうしても不
自然に見えてしまうし、横を向いてカラコンがズレた時に人目からはかなり目立ってしまう
ので、淵ありのタイプはオススメしないよ。

以上の2点に気をつけてカラコンを選ぶ事で、よりナチュラルなハーフ顔に近付く事が出来る
と思うんだ。
カラコンを選ぶ時は決して印象的な色やデザインの物ではなく、あくまでナチュラルに見えるタ
イプを選ぶ事が大切なんだよね。

目的や状況でカラコンを使い分ける♪