カラコンが怖いって何が怖いの?


カラコンが怖いって思う人ってやっぱりカラコン初心者の人だよね。
だって、慣れてる人だったら何とも思わなくなっちゃうからね。

実際、私の友達も最近までカラコンをしたことが無くて、怖かったらしく、色々と聞かれたよ。
今、怖いからどうしよう・・って思ってる人は、実際にはそんなことないので、しっかり克服してオシャレを楽もうよ!
カラコンを着けることで、オシャレの幅がグンと広がることは間違いないよ♪

そもそも、まず何が怖いの?ってとこなんだけど、私の友達の美由紀が言うには

①とにかく目に入れるのが痛そうで怖い
②目に傷が着きそうで怖い
③視力が落ちそうで怖い
④眼病にならないかが怖い
⑤色がにじんできたらって考えたら怖い

だそうです。
私も初めての頃は、確かに怖いって思ってたけど、今は慣れちゃってあんまり覚えてないんだよね。
使ってれば勝手にそうなっちゃうんだよね。

でも、そう言ってても何も始まらないので、ますこの怖いを克服する方法を考えていきたいと思います。

カラコンの怖いを解消する方法って?


まずは、「①とにかく目に入れるのが痛そうで怖い」ってところなんだけど、これについてはやってみるしかないのが現状だね。
私的には、何度もやってみて慣れるのが1番いいって思ってるんだけど、
確実に1番いい方法は「眼科でお医者さんに初めは着けてもらう」のがいいんじゃないかな。

私の周りではやってもらったって子は一人しかいないんだけど、正しいつけ方とかを初めにしっかり教えてもらうっていう意味でも
お医者さんに着けてもらうのがいいでしょうね。
初めから間違ったつけ方をしちゃうと、それこそ目に傷をつけたりしちゃうこともあるからね。

次に、「②目に傷が着きそうで怖い」だけど、これは正しい手順で着けたり、外したり、カラコンを保管したりしていたら問題はないよね。
カラコンに慣れてきて、使用期限を守らないようになってくる人がいるけど、もちろんそういうことをするととても危険だよ。
しっかり使用期限や保管に注意していれば問題はないよね。

「③視力が落ちそうで怖い」に関しては、視力がいいのにカラコンを着けたりしていると、もちろん下がる可能性はあるんじゃないかと思う。
眼には何もしないのが1番いいのは確実。
ただ、オシャレなどでカラコンを使うんだったら、しっかり時間を守って着けることが大事だね。
カラコンは連続6時間から8時間ぐらいがメーカーが推奨する時間なので、その時間を超えないように心がけることで、
絶対とは言えませんが、最低限、視力の低下も防ぐことはできます。

「④眼病にならないかが怖い」に関しては、眼病になるパターンとして、先ほどでも言った「使用期間を守らない」や
「使用時間を守らない」、「保存のケアをしっかりしない」って人為的なことが大きな原因になります。
ただどうしても、それだけが原因じゃなくふとした瞬間に細菌が入ったりするケースも考えられるので、定期的に眼科に通うことが1番の眼病予防になります。

最後に「⑤色がにじんできたらって考えたら怖い」ですが、これはカラコンの構造上の問題で解決できます。
安いカラコンや、韓国製のカラコンによくみられますが、「キャスティングモールド製法(鋳型法)」のカラコンが色落ちや色のにじみなどが起こります。
それに比べ、「サンドイッチ製法」で作られるカラコンに関しては、基本色が落ちたり、にじんだりと言うことはありません。
なので、色落ちなのが怖い人は、「サンドイッチ製法で作られたカラコン」を使えば問題ありません。

カラコンはそんなに怖いものではない♪


大体初心者が考える、怖い原因の解消方法を紹介してみました。
どうだったでしょうか?

友達の美由紀は、今では全く怖がることなくカラコンでオシャレを楽しんでいます。
ちなみに美由紀は初め眼科に行って、カラコンを着けてもらったんですが、彼女が言うには初めは専門の知識があるお医者さんからしっかり色々なことを聞くのは本当に役に立つとのことでした。

ちょっと面倒くさいし恥ずかしいかもしれませんが、初めに眼科に行くのはいい方法です。是非やってみてくださいね。
それと見落としがちですが、しっかりとカラコンの情報を把握して購入するようにしましょう。


トップページに戻る>>

目的や状況でカラコンを使い分ける♪